トップ > 学校案内 > 校章

INFORMATION

校章

校章について

紅の十字形の中央に白百合という現在の校章は、1920年(大正9年)に制定されました。 宗教的には十字架はキリストの贖罪を、白百合にはその復活を象徴しています。 道徳的な意味としては紅の十字架は誠実または犠牲、奉仕を白百合は純潔の徳をあらわしています。

制服の由来・歴史

明治中頃(草創期時代)

きまりはなく、着物はガス縞(木綿の縞模様)の生地で襟無しの帯付き、冬はその上に袢纏や羽織を着用、帯はメリンスの半幅帯、履物は下駄というのが一般的。髪型は、銀杏返し・丸髷・桃割れ・高島田と今では時代劇の映画しか見られない髪型で登校。
しかし、卒業式などの儀式用には、三枚重ねの裾模様で、髪型は束髪という最高のおしゃれをした。

明治末期

1900年、浅葱色の袴を着用することを決定。
儀式用は、黒のキャラコ(光沢のある木綿)の紋付きに袴でそろえる。

大正期

生活が豊かになり、髪にはリボン、着物も銘仙や縮緬の絹ものに長めの優雅な袴、履物も革靴が増え、華美になりつつあった。巷では、金城生のことをバイブルガールの愛称で呼んだとのこと。

1919年、和服の制服の校則を定める。
制袴は、青藍色のセル地(ウール地)
平常服は、木綿服 白襟 制袴 白足袋 質素実用を旨とす
礼服は、木綿黒三紋付(夏は水色紋付き) 白襟 制袴 白足袋
絹服 リボン 簪 指環 飾櫛 白粉等虚飾に渡るを禁ず
服装に異変が徐々に現れ、洋装化が急速に進み、白襟ワンピースの生徒の姿が見掛けられるようになる。

1921年(大正10年)ローガン先生のお嬢さんが着用していた水兵服(セーラー服)から考案され、城崎先生が型を採り、採用となる。
最初は、標準服と呼び、ラインの数は3本でも2本でもよく、ネクタイの結び方も、大きさも自由だった。新しい制服がなかなか定着しないので、和服を着る者に『和服着用届』を出させるなどして、定着に努めたが、関東大震災後、日本中の学校が次々にセーラー服を制服に決める頃には、金城生はすっかり制服になじんでいた。

昭和期

大正時代に決まった制服はその後ずっと続いたが、太平洋戦争が始まって布地が配給制になり、スカートの襞は16本になったりラインも1本になるなどしたが、自由につくられなくなり、白のヘチマ襟の上着とズボンかモンペの女学生が多くなる。
戦争後、物資の不足から、しばらくは自由な服装だったが、制服を新調する生徒も増えてくる。
専門部   2本ライン S字マークを袖に付ける
高女部   1本ライン (物資不足で、3本から2本、そして1本となる)

昭和30年代に冬服・夏服は大体現在の形となる。
冬服 上下紺のウールサージ、ラインは襟とカフスに幅7mmの白のライン1本
    中学生は白のネクタイ 高校生は黒のネクタイ ネクタイの形は三角形
夏服 白木綿の身頃、紺の襟(1本線の白のライン)中・高生とも黒のネクタイ
    白の長袖は、30年代の終わりごろから見受けられるようになる。

昭和40年代には、現在のように白の長袖のセーラー服(襟およびカフスは紺で、カフスには1本線)も制定され、3種類のセーラー服となる。中学生は、夏服に紺のネクタイを着用するようになる。
スカートの襞の数は28または32、丈は原則として膝下10センチ以内ときめられる。

昭和55年(1980年)中学校のネクタイが従来の三角形から細長い台形となる。