検索

入試情報

入学試験の傾向と学習のポイント

本校の入学試験は国語、算数、理科、社会の学科試験と面接があります。
国語と算数は100点満点でそれぞれ50分間、理科と社会は50点満点でそれぞれ30分間、合計300点満点で行われます。
合否については、筆記試験と面接を総合的に評価します。また各教科での足切りはいたしません。

国語

昨年度の出題と傾向
出題範囲

小学校6年生「国語(下)」までに習う漢字は書けるようにしておきましょう。

問題の傾向
  1. 説明的文章では、関連するグラフや図表などの資料を読み解く問題が出題されています。どちらの長文からも、思考力を問うロングアンサー(記述)が出題されています。また、文法・語句・文学史の知識を問う問題も長文から出題されています。
  2. 思考力を問うロングアンサー(記述)では、日頃からあらゆることに関心を持ち、自分自身の考えを文章化する練習をしておきましょう。
  3. 文章から筆者の考えを正確に読み取り、要約する練習をしておきましょう。
学習のポイント
  1. 文末表現の「こと」「もの」、理由の「から」など、問いに対する答え方をよく見極め、答えとなる本文の部分を利用して、規定字数に近づける工夫をしてみましょう。
  2. 図表やグラフなどについては、本文の論旨において、どのような視点で用いられているのかを読み取る力が必要とされます。
  3. こまめに辞書を引く習慣をつけ、自分がよくわかっていて使える言葉(語彙)を増やしておくことや、身のまわりのいろいろな事柄に積極的に興味を持って、ニュースや新聞などもしっかり読みましょう。

算数

昨年度の出題と傾向
出題範囲

小学校までに履修した算数の範囲すべてを出題しました。

問題の傾向
  1. 全体のおよそ6割は、基本から標準レベルの問題を出題しました。また、各分野をまたいだ複合問題や記述問題も出題しました。
  2. 平面図形・立体図形の問題がやや多めになっていますが、例年通り、速さに関する文章題や割合・平均に関する文章題など、全分野から出題しています。
  3. 条件を整理する、条件をもとに順序立てて考える問題も出題しています。
学習のポイント
  1. 算数では「計算ミスをしない」「計算のきまりを間違えない」ことが重要です。分数と少数が混ざった計算や複雑な式の計算など、計算練習を繰り返し、正確な計算力を養いましょう。
  2. 算数では基本的な内容をしっかり定着させることが大切です。まずは基本から標準レベルの問題を中心に学習し、公式などを活用できるようにしましょう。
  3. 各分野の複合問題も出題していますので、各分野の内容を関連付けながら総合的に学習内容を理解しましょう。日頃から、問題文をしっかり読み、何をどのように問われているのか理解するように心がけてください。記述式の問題も出題しています。自分の頭で考え、要点を押さえて簡潔に表現する力を身につけましょう。

理科

昨年度の出題と傾向
出題範囲

物理、化学、生物、地学の各分野から出題しています。各分野の出題範囲は、年によって多少変わります。2021年度入試は複数分野の融合問題もありました。教科書に漢字で書かれている、名称や現象などの用語は必ず漢字で書けるようにしてください。

問題の傾向
  1. 化学分野では、与えられた文章や図をもとに、水溶液の特徴を理解しているか確かめる問題を出題しました。
  2. 物理分野では、実験結果から法則を見つけ出し計算する問題を出題しました。
  3. 生物分野ではグラフを読み取る問題や、自分で実験を組み立てる記述問題を出題しました。
  4. 地学分野は分野融合の問題として出題し、身近な問題に興味関心があるか、また様々な現象を幅広く理解しているかを問う問題を出題しました。
学習のポイント
  1. 難易度はおおよそ基本的な問題が2割、標準的な問題が6割、応用問題が2割となっています。まず学校の授業や教科書の内容を十分に理解することが必要です。
  2. さらに、教科書の本文だけでなく、コラム欄にも興味を持って読んでおくとよいでしょう。暮らしの中にある理科にも色々な不思議を感じ、考え・調べ、気づく過程も大切です。なぜその実験を行うのか、自分の知りたいことを調べるにはどのような実験を行ったらよいかなど、疑問を持ちながら学習に取り組んでください。
  3. 記述問題や図に関する問題は、受験生によって大きく差が出ています。普段から答えや解法を暗記するのではなく、自分で考えて導き出せるようにしましょう。また自分の考えを正確に相手に伝えられるように、身近な人に説明してみるなど表現力を高めることも意識しましょう。

社会

昨年度の出題と傾向
出題範囲

歴史的分野、地理的分野、公民的分野、時事問題からまんべんなく出題しました。各分野の出題割合は、年によって多少変わります。各分野の融合問題もあり、総合的な理解力が問われます。また、教科書で習った人名や地名、現象などは漢字で書けるようにしてください。

問題の傾向
  1. 記号選択であっても、正確な知識のもとに注意深く思考して正解を導き出す問題を出題しました。
  2. 教科書の内容から基本的な問題を出しました。
  3. 歴史分野では日本経済の変化、公民分野では最近の日本の発電量の電源別割合などあるテーマにそった問題を出しました。
学習のポイント
  1. まず教科書の内容を十分に理解したうえで、年表や地図帳・資料集などの活用を心掛けましょう。
  2. 記述問題については、問題文をていねいに読み、自然な日本語で正しく表現できるようにしましょう。
  3. 時事問題については、普段から新聞記事に目を通し、社会のさまざまな出来事に関心を持ちましょう。