検索

入試情報

入学試験の傾向と学習のポイント

本校の入学試験は国語、算数、理科、社会の学科試験と面接があります。
国語と算数は100点満点でそれぞれ50分間、理科と社会は50点満点でそれぞれ30分間、合計300点満点で行われます。
合否については、筆記試験と面接を総合的に評価します。また各教科での足切りはいたしません。

国語

昨年度の出題と傾向
  1. 評論(説明的文章)・小説(物語的文章)においては、昨年度も思考力を問うロングアンサーに重点を置く出題がなされました。
  2. 従来のような単独の問題では出題されませんでしたが、文章を読解する中で、内容的には詩の解釈、短歌・俳句の知識や漢字・語句・文学史の問題が出題されました。
  3. 評論(説明的文章)・小説(物語的文章)だけでなく、全ての問題で日頃からあらゆることに関心を持ち文章化する問題が出されました。
学習のポイント
  1. 問題文の内容を理解して、それを日常生活や自分の経験にあてはめ、そこからもう一度自分の言葉で表現するという考えの筋道をたどる練習が効果的です。
  2. 言葉の意味や文学史など、思考力の前提である基本的な知識は必要です。そのうえで、問題集で勉強する場合、問題を解く時間より自分の答えと正解との違いを吟味する答え合わせの時間に重点を置く姿勢が大切でしょう。
  3. こまめに辞書を引く習慣を身につけ、自分がよくわかっていて使える言葉(語彙力)を増やしておきましょう。

算数

昨年度の出題と傾向
  1. テクニックを必要とするものではなく、基本的な問題が出題されました。
  2. 式や文章を使って理由を述べたり、説明したりする力を問う記述問題が出題されました。
  3. 問題をきちんと読み取り、それを間違いなく処理できるかどうかを図った問題が出題されました。
学習のポイント
  1. 普段から計算ミスをしないように「早く」ではなく「正確に」解くことを心がけてください。
  2. 公式の丸暗記ではなく、なぜそうなるのかという理由を説明できるようにしましょう。
  3. 表やグラフを書いたり、読み取る力を養いましょう。

理科

昨年度の出題と傾向
  1. 物理・化学・生物・地学・思考力を問う問題という5つの分野からバランスよく出題されました。4科目に関しての難易度は基本問題が6割と応用問題が4割程度でした。
  2. 物理の問題の中には計算問題も出題されました。与えられた情報から法則を見つけ出し、計算ミスがないように落ち着いて計算する必要があります。
  3. 思考力を問う問題では、問題文・図から植物の特徴を理解する問題が出題されました。この問題以外にも、記述問題が多く出題されました。
学習のポイント
  1. 教科書の中にあるような基礎的な問題をよく理解してから応用問題に進むことが必要です。理科の中には原理や法則があります。基本問題をしっかりとやることは、それらの原理や法則を理解することです。
  2. 計算問題はできるだけ多くの問題に挑戦して慣れることが大切です。計算ミスには気をつけましょう。
  3. 思考力を問う問題では、まず与えられた情報を読んで理解し、設問の意図に合わせた答えが要求されますので、読解力や表現力が必要になります。

社会

昨年度の出題と傾向
  1. 資料やグラフなどをもとにして、思考・表現力をみるために記述問題が多数出題されました。
  2. 社会科の総合的な学力をみるために、地理・歴史・公民の3分野を融合した問題が出題されました。
  3. 現代の日本や世界の出来事に対する関心と理解をみるために、時事問題が出題されました。
学習のポイント
  1. 問題の意図を正確に読み取り、限られた字数で適確に表現できる力を養っておきましょう。
  2. 教科書を基本として、地理・歴史・公民の各分野をしっかり学習しましょう。
  3. 新聞には必ず目を通し、社会の出来事に関心を向け、自分の意見を持てるようにしておきましょう。