検索

学び

英語

時代のニーズに適応する
4技能をバランス良く学ぶ。

これからのグローバル社会の中で、使える英語を身につけることをめざします。各段階に応じた効果的な授業により、リスニング・リーディング・スピーキング・ライティングの4技能を総合的に習得します。ネイティブ教員と連携しながら、パラグラフライティングやプレゼンテーション、ディスカッションなどの力を養います。また、各種国際交流プログラムに加えて、高等学校で希望者対象に行われる論理表現セミナーの実施など、英語力を試す機会も豊富です。

資格試験を積極的に活用

中学校・高等学校6年間を通して全員が「GTEC」を毎年受験し、英語力を定期的に測ります。また、校内で英検を実施したり、選択科目に「TOEIC演習」を設定するなど、英語力を向上させるためのカリキュラムも充実しています。

英語
学習目標
中学1年生 「聞く」、「話す」中心の内容であった小学校での学習内容の定着を図ると同時に、「読む」、「書く」の技能を加えた4技能をバランスよく学習し、身近な話題について理解したり、伝えたりすることができる。
中学2年生 ネイティブ教員による授業がスタート。1年次に培った英語の基礎力をもとに、スピーキングやライティングなど、アウトプットする力をより強化する。
中学3年生 リーディングに特に力を入れ、英語の小説を多読し、感想を英語でリレーノートに記入してグループで共有することで、楽しみながらライティング力も向上させる。
高校1年生 一通りの英文法の学習を完了し、より複雑な英文を読解することで力を伸ばす。教科書の内容を理解するだけでなく、学習した表現を用いて文章要約する力を身につける。
高校2年生 、高校3年生 コースⅠでは、必修授業に加えて、特色のある選択科目がスタート。多様な文化について学ぶ「Culture」や中国語やドイツ語などの第2外国語の授業など、興味に合わせて学習に取り組む。コースⅡ・Ⅲでは、発展的な教材を用い、大学受験に備える。
高校3年生