検索

学び

国語

文学の素晴らしさにふれながら
論理的思考力と表現力を養う。

さまざまな文学教材を題材に文学の豊かさを感じながら、作品の意図をとらえ考察する思考力と、自らの考えを正確に伝える表現力を養います。グループ発表では、答えの導き出し方の習得だけでなく、自らの根拠となった考えを述べることで、互いの意見を深めていきます。中学校では身近なことを題材に、自らの考えを全体の前で発表する弁論大会があります。高等学校では、メディアライブラリー課と連携した読書会や、作家らの講演会に参加する機会もあります。

クリティカル・シンキング

筋道を立てて正しい答えを導き出したり、多様な観点から物事を考察することで、物事を立体的にとらえる力をつけます。この力は国語だけでなく、全ての教科の問いを考える力にも生かされていきます。

国語
学習目標
中学1年生 単元の狙いや文章の主題に沿い、書き手の意図を客観的に理解する。課題のヒントをもとに、形式に沿った全体発表にも挑戦する。
中学2年生 筆者や登場人物の心情に踏み込み、作品を正確に読み解く。主体的な学習を目標に、構築した考えを全体発表で表現する。
中学3年生 実践する全体発表の形式が複雑化。自分なりの意見を思考し表現することで、主体的に気づき・感動を得る学習をめざす。
高校1年生 古典文法の導入として、体系的な言葉のきまりと基礎的な語彙力を習得。古典の面白さを理解し、作品を楽しむ力を養う。
高校2年生 コースⅠは、作品の読解を通して想像力を養う授業内容に。コースⅡでは、大学受験に備えた基礎的なスキルを強化する。
高校3年生 コースⅡでは、問題集をもとにしたディスカッション形式の学習を実践。受験対策はもちろん、論理的思考力の習得にも。