検索

学び

数学

自ら思考し答えを導き出す。
解くだけではない“ 考える力”を。

解法を暗記するだけでなく、解答にたどり着くまでのプロセスを重視し、思考力を養う指導を大切にしています。たとえば問題演習では、グループディスカッションで協働して取り組むことで、一人ひとりの数学的表現力も含めた理解度アップをめざします。また疑問点はできる限り共有し、授業時間内に解決できるように努めています。コースⅢでは、医学部・薬学部・理工学部などの理系学部をめざす生徒のため、将来の学びを見据えた指導にも力を注いでいます。

進路と習熟度に合わせた指導方法

高校2・3年生は、卒業後にめざす進路や志望する大学入試科目に合わせた履修が可能です。コースⅢでは前年の成績をもとに、理解度や学習到達度に応じたグレード別の授業を展開しています。

数学
学習目標
中学1年生 正の数と負の数の理解から始まり、方程式や1次関数、図形、文字式など、数学の抽象的な概念を定着させる。
中学2年生 関数や確率、因数分解、座標軸などの単元を学習。この先の学習で重要となる、証明の基本を身につける。
中学3年生 高校の学習のベースとなる2次関数・2次方程式の基礎を習得。3学期には、高校の教科書を使った先取り学習を行う。
高校1年生 2次関数・2次方程式をはじめとした数学Ⅰ・Aを学習。中学よりも公式を活用する単元が増え、学ぶ分野が多様化していく。
高校2年生 コースⅠ・Ⅱでは数学Ⅱ、コースⅢでは数学Ⅱ・Bを学習。より高度な学びに発展。コースⅢでは数学Ⅲを先取り学習する。
高校3年生 コースⅠでは数学Bを学習。コースⅡ・Ⅲでは進路に応じての問題演習が中心となり受験に備えていく。