検索

Kinjo News

本校が「WWLコンソーシアム構築支援事業連携校」になりました。

高等学校・WWL

WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)とは

平成30年6月、文部科学省は「Society 5.0 に向けた人材育成 ~社会が変わる,学びが変わる~」において,新たな時代に向けた学びの変革,取り組むべき施策 (Society 5.0 に向けたリーディング・プロジェクト)の一つとして,文理両方を学ぶ高大接続改革にもとづく,WWLコンソーシアムの創設を提案しました。将来,新たな社会を牽引し,世界で活躍できるビジョンや資質・能力を有したイノベーティブなグローバル人材を育成するため,高等学校等と国内外の大学,企業,国際機関等が協働し,テーマを通じた高校生国際会議の開催等,高校生へ高度な学びを提供する仕組み「アドバンスト・ラーニング・ネットワーク」を形成した拠点校を全国に配置することで,将来的に, WWLコンソーシアムへとつなげることを目的としています。

令和3年度から名古屋大学教育学部附属中・高等学校が、WWLコンソーシアム構築支援事業カリキュラム開発拠点校に指定されており、本校は、事業連携校となっています。

WWL.png